ノンバンクを利用できない人とは

ノンバンクローンは融資対象が幅広く、担保・保証人を用意できない方も借りることができます。

パート・アルバイトなどの非正規の方も借りられる可能性が大きいなど、銀行から借りられない方が利用するケースは多いです。ただしすべての方が利用できるわけではなく、融資対象外の人もいます。安定的収入を得ていない方、借入できる年齢条件に該当しない方、専業主婦の方などです。お金を借りるためには返済能力が重視されるので、返済能力が安定していないと借りることはできません。ノンバンクはパートやアルバイトなどの非正規雇用の方でも借入できますが、無職の方は審査に通過できないです。

あとは年齢が未成年、または融資可能な上限年齢を超えている方です。一般的な融資可能年齢は20歳~60代となっており、19歳や70歳などの方は借入できないと考えてください。銀行のローンだと専業主婦OKという場合がありますが、ノンバンクは借りることができません。主婦と専業主婦は意味が異なっており、前者は有職、後者は無職という扱いになっています。

ローンの審査は嘘をついてもバレてしまうので、ここは注意してください。少額の借入では収入証明が不要のケースが多いですが、身分証明は必要になります。個人情報で嘘をついても、身分証明でバレてしまいます。また収入証明は不要というケースでも、職場への在籍確認は行われるのが普通です。嘘をついて借入ができても、バレると融資を止められる可能性があるので注意してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *