ノンバンク融資の特徴を知っておこう

ノンバンク融資は総量規制対象になるのが特徴で、好きなだけ借りることはできません。

限度額最大800万円などのカードローンも登場していますが、誰でも800万円を借入できるという意味ではありません。個別に限度額が設定されるので、審査通過後に聞かされることになります。希望額がそのまま通ることもありますし、少なくなることもあります。融資は返済能力に見合った範囲で行われるので、希望額は少なくして申し込みすることが審査に通過するコツです。会社員や公務員はノンバンクローンの審査で有利になりますが、これは年収が多いからではありません。

もちろん年収の金額も多少は影響しますが、それよりも安定していることが重視されます。毎月決まった収入のある方は審査の通過率が高くなるため、初回から50万円の借入ができる場合があります。非正規の方は収入の安定性で不利となるため、50万円の借入は厳しいのが普通です。30万円以内の金額に抑えておけば、借入できる可能性があります。

ノンバンクローンの利用で注意したいのは、自身の返済能力を正確に知っておくことです。返済が難しい金額の借入をして一番困るのは自分なので、いくらなら問題なく返済できるのか把握しておきましょう。総量規制は年収の3分の1までの融資を可能とする法律ですが、初回融資は年収の1~2割に抑えておくのが得策です。例えば年収300万円の方なら、30~60万円くらいに抑えておくとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *