銀行の融資を受けられない人の受け皿であるノンバンク

お金を貸してくれる金融機関は、銀行や信用金庫、労働金庫など「銀行系」と、消費者金融、信販会社、リース会社などの「ノンバンク」があります。

銀行系の金融機関の多くは低金利で貸し出しをしており、法律的には貸出限度額の制限がなく、いくらまで貸し出しをするかは金融機関の判断に任せられています。一方ノンバンクは銀行系金融機関と比較すると金利は高くなるものの、低金利のローンが組めないような信用力の低い人への貸し出し実績もあり、銀行系で借りることができない人の受け皿となっています。

ノンバンクは貸金業法によって規制されており、総量規制で年収の3分の1以上の貸し出しをすることができません。これは単独の会社だけでなく、貸金業法で規制されている金融機関の借入総額で判断されます。例えば年収300万円の人はノンバンクでは100万円まで借りることができますが、1つの会社で50万円借りていたら、別の会社で借りる場合は50万円以下を希望しなくてはならないのです。

この法律を守れないと金融機関は行政処分の対象となってしまいます。しかしノンバンクでも年収の3分の1以上の借り入れができる例外もあります。例えば他社の借り入れをまとめることによって一方的に借主に有利になる場合、ビジネスローンなどの事業性資金への利用が認められたローン、配偶者の所得と合算して貸出額が決定できる配偶者貸付制度を利用した場合です。借り入れをする人の状況によって利用できる制度は異なりますが、もし銀行で借り入れをすることが難しい場合は諦めず、その他の金融機関を探してみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *