ノンバンクの金融機関とは

ノンバンクとは、文字通り銀行ではない金融機関を指します。

銀行では顧客からお金を預かって管理する業務を行います。消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの金融機関が当てはまるでしょう。ノンバンクでは預金業務がありませんが、銀行などから借り入れをして調達したお金を独自の審査基準に適った人に貸していたり、買い物をした時の支払いを立て替えたりしています。ノンバンクの場合は、貸付や立替をした時の金利が高くなる傾向にあります。銀行からの貸付を受けているため、その分の金利を上乗せするのも要因の1つです。

しかし、銀行よりも審査に柔軟性を持たせているので、収入等の面で銀行の審査基準に満たない方でも借入できることがあります。そのため、返済不能などの貸し倒れのリスクがあり、金利を高めに設定していると考えられます。安定した収入があり、信用情報の内容が問題ないのであれば、パートやアルバイトの方でも借入できるように門戸を広げていると言えるでしょう。

借入をするのには、ノンバンクの場合は総量規制の対象となることがあります。カードローンやカードのキャッシングは、スムーズに返済できるように利用限度額を合算して年収の3分の1までとなっているので多額の借入は難しく、必要最低限の金額を借入するのに向いているでしょう。おまとめローンの場合は、借入の一本化を図って金利や月々の支払い額を軽減するタイプの借入なので、総量規制は適用されません。ビジネスローンについても同様に対象外となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *