ノンバンクとは貸金業事業者のこと

貸金業事業者は銀行・信用金庫などは含まず、預金業務をしていないのが特徴です。

一般的にノンバンクといえば消費者金融を指すことが多いですが、ほかにも商工ローンやクレジットカード会社なども含まれます。銀行ローンと比べて金利が高いのが特徴で、かつては29.2%での貸付も行われていました。出資法の上限が29.2%だったため、上限ギリギリで融資している会社が多くありました。現在は利息制限法によりグレーゾーンでの貸付はできず、最高金利は20.0%になっています。ノンバンクのメリットは借りやすさにあり、高金利の代わりに審査通過率、融資スピードなどにおいて優れています。

20歳以上で安定的収入があれば80%以上の確率で借入ができますが、希望額を大きくすると審査が厳しくなるので注意してください。本来は小口融資をメインにしていたので、最初は50万円未満で申し込みするのがおすすめです。50万円以上になると審査が厳格になることが多いので、最初はなるべく少なく借りるのがコツです。

現在のノンバンクローンは昔より優しくなっているのは間違いありません。無理な取立てをしてくる会社は激減しましたし、何より融資は総量規制によって制限されるので安心です。昔のノンバンクは際限なしに借入できる要素が強かったですが、現在は年収の3分の1以内となります。それを超えて借りることができないので、借りすぎ・使いすぎを予防できるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *