ノンバンクにはどのような特徴があるか

ノンバンクは消費者金融や信販会社などの銀行ではない金融機関であり、業務では預金を扱っておらず、貸金業が中心となっているのが特徴です。

融資を受けるときの条件などにも違いがあるので、状況に合っている方を選んで利用すると良いです。ノンバンクは金利や限度額の面では銀行よりも劣っていますが、審査は融通が利く傾向があります。銀行と比べると資金力が少なくなるので限度額が抑えられ、審査を通しやすくすると貸し倒れが起きる危険性が高くなるので、金利を高くして損失を補えるようにしています。

ローンの種類で申し込みから融資を受けられるまでの期間が変わりますが、キャッシングであれば最短で即日融資を受けられるのが銀行にはないノンバンクの強みです。以前はメガバンクは保証会社に審査を一任して即日融資をしていましたが、現在は自主規制で禁止されています。そのため、緊急時でも対応が可能です。貸金業法が適用されるので、総量規制で年収の3分の1までしか借りられない制限があるのはデメリットですが、これは一部に誤解があります。

総量規制はノンバンクの全ての融資に適用されるものではありません。用途が自由であるキャッシングのような通常の消費は制限されますが、事業資金や車の購入、医療や介護のために必要になるものであれば高額の借入ができます。この用途で借りる場合、目的や金額を証明するための書類の提出を求められ、他の用途には使えないので利便性は下がりますが、金利が少し低くなることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *