事業資金の集め方には何があるか

事業資金の集め方は、中小企業であれば最初に日本政策金融金庫の融資を受けられないか検討するのが一般的です。

融資までに時間がかかること、事業計画の見通しが立っていることなど、審査は優しいものではありませんが、金利が最も低いのが特徴です。これが利用できない場合には銀行や消費者金融のビジネスローンに申し込みます。無担保のローンでは高額の融資は難しいので、不動産を所有している場合は事業資金に使うことが認められている不動産担保ローンを検討します。

返済できないと不動産を失うリスクはありますが、金利が低く、返済期間は長いです。売掛債権がある場合には、売掛債権担保融資やファクタリングが使えます。売掛債権担保融資は中小企業でなければ利用できませんが、どちらも未回収の売掛債権を使ってお金を手にする方法です。中小企業の資金繰りを良くするため、売掛債権の活用は国も推奨しています。

ただし、日本ではまだイメージが良くなく、やり方によって取引相手に知られて今後の業務に影響する場合があるので注意しましょう。規模の大きな企業であれば、事業資金は社債を発行して集めることもできます。集めたお金の用途は自由であり、株式の発行とは異なり、経営権に影響が出る心配もありません。法律で決められた制度なので、発行するとそれに従った管理が必要になるので手間はかかりますが、自分の思うように経営を続けられることに大きなメリットのある方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *