事業資金を獲得するなら公的な融資をまず検討すべき

事業資金を獲得する時にはまず公的な融資を検討すべきです。

理由は金利負担が安い事や審査が通りやすく、融通を利かせてくれることも多いからです。事業資金を借り入れで行う場合は金利負担が大きな事業の妨げとなる事がある事を忘れてはいけません。金利負担はサービス価格に入れる必要があるので、金利負担のない会社と競争している時に、これがネックとなって競争に勝てなくなる可能性があるのです。金利負担はある意味ではハンデと考えると分かりやすいでしょう。

自由競争で激しい競争をしている時にハンデがあるとこれが大きく響くという事は理解出来るはずです。市場は1円でも安い方が選ばれるという厳しい市場原理で動いているわけですから、事業資金の選択を誤ればビジネスそのものが崩壊するという事だってあり得るわけです。民間の場合は事業を応援するものではなく、融資をした会社が利益を得ることが目的なので、ハッキリ言えば金利負担は大きければ大きいほどいい言う事になってしまっています。

ただ大きすぎると融資をしたところがビジネスできなくなるので、金利負担を返せるところはどれぐらいかを考えるのが民間の金融機関が考えていることといっても良いでしょう。ですが公的な金融機関は援助するという事を目的としているので、金利負担は安いですし、場合によっては融資ではなく援助という制度で支援してくれるケースもあります。公的な機関は企業が経済を活性化してくれるという事を望んでいるのでこうしたシステムを利用されることを望んでもいますから、どんどん利用すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *