ビジネスローンの借り入れは大きくなりやすい

カードローンでビジネス資金を用意したいけど、あまり借り入れできなかった方は多いでしょう。

一部のカードローンはビジネス目的に対応していますが、あくまで用途は多目的となっています。ノンバンクの多目的ローンには総量規制が適用されるので、借り入れの上限は年収の3分の1以内と決まっています。ビジネスローンは総量規制は関係ないので、高額の借り入れをしたい方に適しているわけです。キャッシングでは100万円までしか借り入れできない人でも、ビジネスローンなら200万円や300万円の借り入れができたりします。

ビジネスローンは用途が事業資金と明確に定められているため、融資が高額になりやすい現実もあります。ローンというのは用途の幅によって融資額・金利などが異なってくるもので、多目的ローンは不利に設定されているわけです。ビジネスローンは事業資金にしか使用できませんが、多目的に借り入れできるカードローンと比べて高額融資・低金利に対応したものが多いです。実質年率はカードローンと同様に限度額によって決まるローンがあります。

融資が少額になるほど金利が高くなるのはカードローンと変わりませんが、金利が低くなるとは言っても借りすぎは避けてください。ローンの利息に影響するのは年率よりも、むしろ借り入れ総額だと考えてよいです。たくさん借りると利息の支払いが大きくなってしまうので、少なく借りるように心がけましょう。借りすぎ・使いすぎに注意したいのはカードローンと何ら変わりありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *