ノンバンクはどのような意味か

銀行や信用金庫などのように預金業務を行っておらず、融資が中心になっている金融機関がノンバンクです。

銀行とは様々な違いがあるので、比較してどちらが合っているのか検討して契約すると良いでしょう。まず、銀行よりも審査が甘く、金利が高いことが特徴です。審査を簡易化されているので借りやすくなっていますが、これは金融機関には貸し倒れに繋がるリスクになります。この対策で金利が高くされています。

ただし、ノンバンクでも貸金業法で金利は定められているので、正規の金融機関がこれを超過して融資することはありません。現在は法改正で上限が明確になっており、以前よりは銀行との金利差は小さくなっています。即日融資に対応できる場合があるのもノンバンクの特徴です。これは以前から行われているものであり、何か変化があったわけではありませんが、銀行側が自主規制で即日融資が不可能になってしまったことで、大きな違いになっています。ノンバンクは総量規制が適用されるので、年収の3分の1までしか借りられないことも違いになります。

しかし、適用されるのは全ての融資ではありません。無計画な借り入れで返済不能に陥るのを防ぐための制度なので、高額の借り入れが必要になる車の購入や医療費、事業資金などは対象外です。目的を明確にするため、専用のローンに申し込み、用途を証明できる書類を提出するなどの手間がかかりますが、金利がカードローンより低いものがあるなどのメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *