ノンバンクと総量規制の関係

ノンバンクで借り入れする際に影響するものに総量規制があり、年収の3分の1までしか借りられません。

これは1社からの借り入れ額ではなく、貸金業者全体の総額が対象になります。クレジットカードのキャッシング枠も含まれているので注意しましょう。ただし、どうしても総量規制の制限を超える金額の借り入れが必要なときに銀行の審査に落ちてしまった場合でも、使い道によってはノンバンクでも借りられることがあります。この規制は対象外になるものも定められており、それに該当していれば審査に通れば借りられます。

例えば一方的に有利になる借り換えは例外とされているので借りられますが、このときに利用できるのは通常のカードローンではなく専用のローンです。大手のノンバンクでも取り扱っていないことがあり、その場合は他社に申し込む必要があります。また、審査は厳しくなるので、高額になれば落ちる可能性も高くなります。審美目的の歯科治療などの自由診療を受ける場合には健康保険が適用されず、全額自己負担になるので非常に高額になってしまうケースもありますが、これも総量規制の対象外なので借り入れが可能です。

このような特定の目的に利用する場合、用途が制限されますが、カードローンよりも低金利で借りられる専用のローンが用意されているものもあります。このように状況次第で高額の借り入れもできるノンバンクですが、金利は高くなるので銀行の審査に通らない、またはすぐに借りたい場合に利用すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *