ノンバンクが行っている主な事業

金融機関は大きく分ければ銀行か、銀行以外かに分かれます。

銀行では契約した個人や法人からお金を預かり、資金の受け皿としての役割がありますが、ノンバンクでは預金サービスを行っていません。銀行として分類される金融機関には信用金庫や労働金庫も含まれており、これらは銀行法の規制下にあります。銀行でもノンバンクでも融資事業を行っていますが、銀行は貸し出し資金を預け入れから賄うことができます。

しかしノンバンクにはそうした資金源がないため、ノンバンクが貸し出している資金の大部分は銀行などの別の金融機関からの借り入れで賄っています。その借り入れにも金利があるため、借りている金利以上の高い金利で貸し出すことによって、金利の利ザヤを得ているのです。そのためノンバンクの融資は銀行よりも金利が高くなることも多く、より多く貸し出しをする必要があることから、リスクの高い顧客への融資を行うこともあるのです。また、銀行が提供しているローンの保証業務も重要な資金源の1つです。

銀行系ローンでも仮審査は消費者金融が行っているものも多くあり、そうしたローンの審査難易度は保証会社の基準になります。審査難易度が低いと言われている銀行系ローンの大部分は、こうした保証会社の影響を受けていますが、法的には銀行法の規制下にあるため、年収の3分の1までしか貸付ができない総量規制の対象外となっています。銀行にとっても無担保貸し出しの審査に多くの実績を持っている消費者金融に審査を任せたほうが、リスクを下げて貸付ができるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *