資金調達法としてのファクタリングの特徴について

ファクタリングと言う仕組みはビジネスにおける資金調達の方法の1つとして知られています。

一般的には資金不足に陥りそうな状況になった段階で銀行などの金融機関から融資を受けるという対処法が取られます。しかしながら銀行から融資を受ける事はどのような企業でも自由に行えるわけではありません。融資の金額にもよりますが銀行との信頼関係が必要になるケースが少なくありません。この信頼の程度は金利と言う形で示されることも多く、場合によっては融資が行われない場合もあるのです。

業績が悪い場合などにおいては融資が難しいと言う判断をされる場合もありますので、ビジネスの状況においてはそれに代わる方法を選択可能な状況にしておかなければならない場合もありえます。その方法の1つがファクタリングと呼ばれる仕組みなのです。ファクタリングと言うサービスが融資ではありません。売掛債権の譲渡という形で現金を得る仕組みですので、権利の売却と言うイメージが最も近いといえます。

今後入金予定のお金を受け取る権利をファクタリング業者に売却することにより、今すぐ現金を受け取ることができると言う仕組みなのです。そのためファクタリングを利用した場合の収入は売掛債権の額面よりも減ってしまうのが一般的です。どの程度目減りしてしまうのかはそれぞれの事情によって異なりますが、売掛債権の相手先の信用なども関係してくる問題であるため、実際に検討してみないとはっきりした事はわからない仕組みであるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *