資金調達とファクタリングについて

ファクタリングと呼ばれている手法は、資金繰りに悩む経営者をサポートする仕組みとして知られています。

一般的に事業資金を確保するためには銀行などの金融機関からの融資を受けると言うのが最もスタンダードな方法となっています。しかしながら銀行との信頼関係が気づかれていない場合には良い条件で融資を受けることが難しい場合もあるのです。銀行としても実績の伴わない企業に対してお金を貸すと言うことについて大きなリスクを感じる場合があるのです。そのような際に検討することができるのがファクタリングと呼ばれるサービスです。この仕組みは売掛債権を売却することにより現金を調達することができるというものです。

つまり請求書を出していて入金がまだの段階であっても、入金されたお金をそのまま渡すことを条件として現金を即座に入手することができるのです。この仕組みをファクタリングと呼ぶのです。このようなサービスを提供している機関は数多くありますが、いずれの場合も一定の手数料を受け取ることによりすぐに現金化することを可能とします。

その条件となる情報にも様々な種類がありますが、一般的には売掛債権の先となる企業の信用の程度に影響を受けることになります。どのような場合であっても額面と全く同じ金額を受け取ることができません。一定のリスクを引き受けることになるファクタリング業者の取り分として、ある程度の損失は覚悟しなければならないでしょう。融資の場合にも利息の支払いがありますので全く同じ金額というわけにはいきません。それと同じような仕組みであると考えておくのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *