ファクタリングで事業資金の改善を

企業経営者にとって事業資金の枯渇ほど重要な問題はありません。

不況の影響で当初の売上予定とは違い、思うような入金が発生しなくなってしまうことは有り得るものです。銀行等の金融機関も貸し渋りや貸し剥がしが横行していて、以前のように追加融資の相談を気楽に行えるようにはならなくなっています。業績不振であっても、担保として提供が出来る自社物件があれば融資の依頼をすることも可能にはなりますが、多くの中小企業においては、担保に出きるような自社物件を保有しているケースは希でしょう。

ファクタリングを利用することで、売掛金の早期回収を行うことができ、経営に必要な事業資金を充当していくことが可能になっています。借入ではありませんから、買掛金の支払いが遅延しているような場合や、税金の支払いに遅延があるような状況でも資金調達は可能になっています。いくら事業資金が枯渇していると言っても、運営資金は必要ですし、従業員への給与は支払わなくてはいけません。

経営状況が悪いからと言って、従業員への給与支払いを遅延させてしまっては、会社の指揮も落ちていってしまいます。ファクタリングサービスを利用することに、抵抗を持つ経営者の方が多いのも事実でしょう。ファクタリングは割引ではありますが、手数料で見れば1割程度の話です。最近は支払いサイトが半年以上に及ぶ売掛金も珍しくはありません。半年後の入金が1割の手数料ですぐに手に入ると考えれば良いのです。いますぐ現金が必要なのでしたら、ファクタリングで早期の現金化を実施しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *