ファクタリングという制度

ファクタリングとは、企業側が持っている売掛金を売って最短一日で現金(キャッシュ)の確保が可能な資金調達方法のことです。

売掛金とは、売上金の帳簿上の未集金のことで、いわゆるツケなどがそれにあたります。仕組みとしては、企業側がすぐにキャッシュが欲しいというときに、ファクタリング会社(ファクター)が償還請求権無しに売掛先の支払サイトの期日前に支払いし、企業側に資金を提供するということです。ただし、当然ながら売掛金を持たない企業は、このサービスを利用することができません。また売掛金と同額資金の提供となるため100万円以上の売掛金がないとダメ、というように条件があることもあります。このサービスのメリットとしては第一に、比較的簡単に資金調達ができることです。

銀行などからの「融資」で資金調達をしようとした場合には、企業の経営状態が重視され、厳しい審査を受けてから融資が可能となります。しかしファクタリングは融資ではないため、審査に通りやすく担保も不要です。そのため一般的にはお金が手元に来るまで一ヶ月程度かかるところを、一日のうちに手に入ることがあるのです。第二に、事業運営に使用している資産・負債だとしても、貸借対照表(バランスシート)に計上されないことです。

例え資金を運用していても、売掛金という扱いは変わらないためキャッシュフロー計算書に含まれません。ですので、後ほど銀行などからお金を借りようとするときに審査が通りやすいのです。第三に、賠償請求無しなので万が一倒産しても返還義務がないことです。あってほしくないことではありますが、サービスを利用していた企業が倒産してしまった場合でも、ファクタリング会社には賠償請求権がないため、返還要求が出来ないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *