ファクタリングの仕組み

急に資金が必要になった時は、融資を受けるという方法があります。

しかし、状況によっては、融資を断られてしまうことがあります。そんなときに役立つのがファクタリングです。契約次第では、即日で資金を入手できます。その仕組みですが、簡単に説明すると、次のようになります。企業が所有している売掛債権をファクタリング会社に売却して、代金をもらう仕組みです。売掛債権とは、商品やサービスを提供して、支払われるべき金額を請求できる権利のことを言います。

売掛債権を売却して資金を得る方法には2種類あります。2社間と3社間ファクタリングです。2社間では、企業が売掛債権を販売して、資金を受け取ったのちに、企業が売掛先から売掛債権の代金を請求して、ファクタリング会社に納めます。この場合は、売掛先に企業と会社側の契約が知られることはありません。また、2社間では、償還請求権というものがないことが多くなっています。

償還請求権とは、売掛先が倒産してしまった場合に、企業が会社側にその保証をすることを言います。一方、3社間では、企業が売掛債権を会社側に売却した後に、会社側が売掛債権の代金を売掛先から請求して、受け取ります。この場合は、企業側と会社側の契約内容を売掛先に通知しなければなりません。実は、ファクタリング契約をしていることを売掛先に知られると、企業にとって、マイナス材料になることもあります。そういうことから、2社間のほうを選択する企業が多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *