ファクタリングのメリットとデメリットとは

ファクタリングは売掛債権の売却と言う方法により資金調達をする金融サービスの1つです。

主にビジネスを行う上での資金繰りが大変になったタイミングで行われる仕組みであり、すぐに現金を調達することができる方法としては重要な選択肢の1つとして理解されるものであると言えます。しかしながら積極的に活用する仕組みと言うよりは、いざと言う時に使うことができるようにしておいた方が良いと言う知識であるといえます。ファクタリングのメリットとしては銀行などの融資が受けられなかった場合、あるいは何かしらの事情で間に合わないと想定される場合において役立つ仕組みであるといえます。

ファクタリングは融資ではありませんので、売掛債権の売却金額に同意することができさえすれば、すぐに資金を調達することができるのです。この点においては大きなメリットがある仕組みであると言えるでしょう。しかしながらデメリットも存在しています。1つは売掛債権の買取金額について。売掛債権の買取については額面通りに買い取るメリットは全くありません。

そのため相手の信用に応じて様々な値引きが行われることになります。売掛債権の金額と、売却する場合の金額の性手数料として業者の手元に残ることになるのです。そのためどのようになったとしても損失が発生してしまう仕組みであると言えるでしょう。このサービスを利用するのであれば複数の業者で比較見積もりを行い、メリットのある側を選択するという姿勢が求められるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *