銀行と消費者金融のカードローンの違いについて

お金の融資を受けたいと考えたときに、カードローンのことを思い浮かべる人は多いかもしれませんが、ひと口にカードローンと言っても銀行が提供しているものと、消費者金融が行っているものとに分けることができます。

消費者金融が行っているカードローンの場合には、貸金業法に基づいて行われている融資ですので、法律で規定されている総量規制の適用を受けます。総量規制とは、利用者の年収3分の1を超えて融資を行ってはいけないという規制のことで、消費者金融が行っているサービスに適用されます。

一方で、銀行が行っているカードローンは、銀行法に基づいて提供されている融資サービスに該当することから、総量規制の問題はありません。そのために利用者の立場からすると、年収による制限のないサービスを受けたいと考えたときには、銀行が行っているサービスを利用することがおすすめとなります。消費者金融から借り入れをするときには、すでに利用している他社からの融資金額も計算して、合計額が年収の3分の1を超えないようにする必要があります。

総量規制の適用を受ける状態になってしまうと、借り入れができないようになります。銀行が行っているサービスの種類によっては、他の金融業者からすでに借り入れをしている人向けのサービスとして、低金利で融資が受けられる借り換えローンや、おまとめローンのサービスを行っているところもあります。消費者金融の場合には、借り入れ金額が50万円になるときや、他社からの融資も含めて100万円を超えるときには、本人確認書類に加えて収入証明書も用意しないといけない業者が多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *