消費者金融のカードローン利用で気を付けたいこと

銀行や消費者金融でお金を借りる時は、カードローンやキャッシングを利用することになります。

カードローンやキャッシングに申し込むと、その人の収入によって借入可能な枠、いわゆる与信枠を決めて、その枠内で何度でも借入ができるようになります。元々カードローンは分割返済するもの、キャッシングは一括返済するものでしたが、最近ではキャッシングでも分割返済が行われ、その点でカードローンとほぼ同じになっています。ただし消費者金融で借入をする場合は、総量規制に注意しておく必要があります。

消費者金融では借り過ぎを防ぐために、年収の3分の1に当たる金額までしか、借り入れることができないシステムになっています。このシステムのことを総量規制といい、すべての消費者金融での利用に適用されます。ですから、他にも消費者金融のカードローンやキャッシングを利用していて、借入額が限度額を上回るような場合は、新規に消費者金融を利用することはできません。

またこの総量規制があるため、専業主婦が配偶者名義でお金を借りる場合は、配偶者の同意が必要になります。しかし、限度額を上回ってももう少し借りたい、あるいは、配偶者に内緒でお金を借りたい時には、総量規制対象外の消費者金融か、銀行を利用するのがお勧めです。銀行には総量規制が存在しないため、限度額も設定されないからです。ただし、あまり他からの借入が多い時には、それが審査に響くこともありますので、その点に注意するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *