カードローンの金利の決定方法

カードローンを契約すると必ず金利が設定されます。

金利はお金を貸してくれる銀行、消費者金融などの会社にとっての利益となる部分です。また金融機関には貸し出しても破たんしてお金が返ってこなくなるというリスクがあります。貸し出した人が自己破産などの法的な手続きを取った場合、利息はおろか元金すら回収できなくなってしまうことがあるのです。

そのためリスクの高い人に対しては高い金利を設定し、なるべくたくさんお金を回収しておこうとします。もしカードローンの契約をして金利が高いと感じた場合、金融機関にとってあなたはリスクの高い人物だと判断されていることになります。

カードローンの金利を低くしたい場合、いくつかの方法があります。まず1つは限度額をアップさせることです。利息制限法によって100万円以上の貸し出しに対しては15%までしか金利を設定することができません。100万円以上の限度額になれば自動的に金利が15%以下に引き下がるのです。

もう1つはコツコツと利用を続け、毎月必ず返済日と金額を守って利用することです。信用は短期間では作られません。そのため金融機関に安全な人だと判断してもらうためには長い月日がかかるのです。

延滞を繰り返していると金利が下がるどころか、カードが停止になってしまうことさえあります。カードローンは非常に便利なもので、預金のように使ってしまう人もいます。支払いができなくならないように計画的な利用が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *