カードローンは消費者系か銀行系か

カードローンを契約するときには、審査に通過するかが気になりますよね。

カードローンは消費者金融と銀行系と2種類があります。消費者金融系のカードローンは、審査は緩めですが金利は高くなる傾向にあります。また、消費者金融系は銀行系に比べればどうしても限度額は低くなりがちです。

対して、銀行系のカードローンは審査は厳しいのですが、その分金利は低めで、限度額も高額まで大丈夫だったりします。どちらに申し込むかは事情によるかと思います。即日でお金が必要でしたら、消費者金融のほうが確実と言えば確実です。銀行系のカードローンは金利が安いのですが、審査に時間が掛かるのは避けられないからです。

どちらのローンにしても、必要になってくるのは、運転免許証やパスポート等の本人確認書類と給与明細や源泉徴収票等の収入証明書になります。よく、自分は既に消費者金融に借入があるから銀行系で借入するのは無理だと考える人がいますが、それは間違いです。消費者金融の使用している信用情報機関と銀行の使用している信用情報機関は別なものです。

つまり、銀行系のローンに申し込むときに、既に消費者金融の借入があったとしても、銀行の融資担当者には消費者金融側のデータの照会はできませんので、新規借入と同様の審査が行われますので安心して申し込んで大丈夫です。

どちらのローンにしても、インターネットで申し込み、出勤時に在籍確認を済ませれば自動契約機でカード受け取りやキャッシングが可能です。用途や事情を考慮して選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *