売掛債権担保融資を活用する

売掛債権担保融資とは、在庫や売掛金などを担保としてお金を融資するサービスのことです。

事業者向けローンの一種で、担保不要のビジネスローンなどよりも売掛債権担保融資の方が中期的にお金を借りるには有利なサービスになります。売掛債権担保融資を利用するメリットとしては、キャッシュフローの改善であり資金繰りの改善につなげることができます。売掛金や在庫というものは将来的には現金に変えることができるものという前提にありますが、実際には現金は手元には存在しません。

このため売掛金や在庫が多くあるということは自社から現金が流出している状態を表すことになります。資金に余裕があれば、現金が不足するといったことはありませんが、資金が少ない場合や緊急にお金を用意しなければならなくなった場合などには、この売掛金と在庫の多さが経営を圧迫させるリスクがあります。過度に売掛金が多い状態の場合には、大きなトラブルが倒産の引き金にもなりかねません。

このため一定の資金を確保しておく必要があり、その方法が売掛債権担保融資です。売掛債権担保融資で在庫や売掛金を担保に現金を借り入れることで資金を増やすことができ、経営に必要な金額を確保することができます。金利に関しては提供している業者によって大幅に変わってきますから借入先が重要になります。借り入れは少額から行えるところもありますが、一般的にはビジネスローンでは間に合わない場合などに使われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *