売掛債権担保融資とファクタリングの違いとは

売掛債権があるのにもかかわらず回収が済んでおらず、尚且つ急いで現金を用意しなければならなくなった場合に便利なサービスが売掛債権担保融資です。

これはその名称からもわかるように売掛債権を担保とする貸付であり、未回収の売掛債権を利用して手っ取り早く現金を手に入れたい場合に非常に便利な制度です。一方で売掛債権を利用して現金を得る方法としては他にファクタリングがあるのですが、売掛債権担保融資とファクタリングにはどのような違いがあるのでしょうか。両者の最も大きな違いはお金を返す義務があるかどうかという点にあります。

売掛債権担保融資はあくまでも貸付の契約を締結することとなるので融資をしてもらった先に利息をつけてお金を返す必要があります。一方でファクタリングは売掛債権の売買契約に該当するのでお金をファクタリング業者に返す義務は生じないのです。なおファクタリング業者を利用する場合、利息を支払う必要はありませんが業者に手数料を支払う必要があり、ほとんどのケースにおいて売掛債権担保融資の利息よりもファクタリング業者に支払う手数料のほうが高くなっています。

経営基盤が安定していて融資の審査も問題なく通過できるのであれば売掛債権担保融資を利用したほうが金銭的な負担を少なくできるのです。ですが急いで現金を用意したい場合や税金の滞納や赤字決算などをしていて融資の審査を通過するのが難しい場合にはファクタリング業者を利用するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *