売掛債権担保融資とは何か

事業を行う為には運転資金がどうしても必要となり、その資金が少ないが為にビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。

その為、運転資金を確保する為に金融機関に融資を申し込む方法も有りますが、その一つの方法として現在注目を集めているのが売掛債権担保融資です。売掛債権担保融資とは、簡単に言うと取引先に対して有している売掛金を担保として利用し、入金日までの資金を金融機関から融資してもらう方法の事です。金融機関は銀行でも良いのですが、もちろんノンバンクも利用することが可能です。

この方法を利用すれば、売掛金を前倒しにして資金化する事が出来るので、必要な時に運転資金を手に入れる事も出来ます。また売掛金によっては大型の資金調達が出来るようになるので、結果的に運転資金が足りないが為にビジネスチャンスを逃してしまうと言う事にもまずなりません。だから、今後受注が増す為に人件費等がどうしても必要となる事が見込まれる場合や、その他多額の出費が追加で発生する可能性がある時にも、資金調達をスムーズに行う事が出来る様になります。

とはいっても、利用する金融機関によっても審査の厳しさが違います。その為、実績によってはもしかしたら審査に通らない可能性もないわけではありません。さらに審査に取ったとしても金利が高く設定されている可能性もあります。したがって、実際に売掛債権担保融資を利用したい時は、まずは税理士等に相談すると言う方法も有効です。そうする事によって、どの様にして売掛債権担保融資を利用すべきか、またどの金融機関に相談すべきか等の相談にも乗ってもらえるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *