売掛債権担保融資の可能性

売掛金を担保とした売掛債権担保融資では、その相手先によって信頼度が変わります。

あまり経営がよろしくないとっころからの売掛債権すなわち売掛金の場合には、回収が出来なくなるとしてこの売掛金を担保にした金貸しを渋る可能性が高まります。一方で信頼が出来るところと認められても、何が起こるか分からないのが商売ですから、回収までに時間がかかる場合には、この売掛債権担保融資での融資額そのものを引き下げられたり、あるいは利息を多めに取られるなどの可能性があります。

商売の相手があっての話であるため、相手の信用度合い及び自社の信用度合いによってこの融資額や利息が変更になっていきます。そのことを踏まえた利用が必要ですが、そもそもこうした担保により受けられるものは、最初の売掛金で得られる金額よりも少なくなりますから、経営に大きな影響が出る可能性は否定出来ないです。すなわち、この売掛債権担保融資に頼った資金回収は難しくなる可能性があります。

銀行などの取引先からも、こうした売掛債権担保融資に頼りすぎた経営に難色を示されることもあり得ます。商売を行う異常リスクはつきものですが、売掛金はまだお金になっていませんし単なる権利でしかありません。それを元手にさらにお金を調達するのは、リスクが大きいと判断される可能性が高いです。したがって売掛金すなわちツケにたよった経営から、現金商売に切り替えていくなどの経営効率化を図る必要はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *