売掛債権担保融資のメリットについて知る

売掛債権担保融資とは、銀行から融資を受けようとする際に求められる担保の1つです。

売掛債権とは、企業などが商品やサービスを提供し、顧客から代金を受け取る権利のことをいいます。つまり売り上げの1部を担保として融資を受けるというものです。売掛債権担保融資を受ける方法には3通りあります。1つは売掛先、つまり顧客側に承諾を得て契約し同意書を交わす方法があります。次に売掛先に通知書による通知を行い、確認の上担保を受ける方法です。

最後に売掛債権の譲渡を法務局に登記する売掛債権登記を登録する方法になります。日本では売掛債権登記を使い融資を受けるパターンが多いようです。その背景には売掛債権担保融資を受けていると売り上げを直接担保にしなければならないほど経営状態が悪いのではという印象を、売掛先に与えてしまうということがあるからです。しかし、この売掛債権担保融資には様々なメリットがあります。その1つに、売掛金を前倒しして資金に出来るという点です。

サービスの提供などで収入があることが分かっていても、支払われるまでに時間差が生じるといった場合、収入があることはわかっていますのでそれを担保にすれば融資を受けられます。したがって、急な支出の時にも資金不足にならずに済みます。他には、受注や仕入などの短期的な資金の調達にも役立ちます。売掛金を担保にしているという明確性から、資金の調達がスピーディーに行えるという柔軟性も売掛債権担保融資の良いところになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *