売掛債権担保融資が向いているケース

売掛債権担保融資は融資を受ける際に売掛債権を担保にするのが特徴です。

ノンバンクや金融機関で売掛債権担保融資は取り扱われています。無担保であれば審査も厳しくなるため、なかなか簡単に融資を受けることができませんが、売掛債権を担保にすることでそれよりは借りやすくなります。もちろん、売掛債権が担保になる価値を持っていなければなりません。

もし売掛先が倒産の危機にあるような場合は、売掛債権担保融資を受けることはできないでしょう。取引先が大企業であったり、国や地方自治体であれば回収ができなくなる可能性も低いため、有利になります。

ただし、融資を受けられる額は売掛債権の大きさとは同一ではありません。簡単に融資をしてしまうと回収ができなくなるリスクもありますので、利用する企業の経営状況なども勘案して限度額は決定されることになります。

売掛債権は一か所からの物に限らず、小口のものをまとめて担保に差し出して借りることができる場合もあるなど、対応はそれぞれで異なります。売掛債権担保融資は、あくまで売掛債権を譲渡するのではなく担保として供するものであるため、取引先への通知をする必要がありません。

売掛債権は登記することで対抗力を得ることができるので、貸す側もそれで問題はないのです。似たような資金調達にファクタリングもありますが、あちらは基本的に譲渡なので取引先に対しても通知をする必要がありますから、取引先に知られたくないならこちらの方が適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *