売掛債権担保融資は情報を集めやすい

売掛債権担保融資は、売掛債権を担保にしてお金を借りる仕組みです。

したがって、貸すことのできるのは貸金業者や銀行など、事業としてお金を貸すことが許されている業者です。似ている仕組みにファクタリングがあり、そちらは売掛債権の買取であるため特に資格は必要なく、新規参入している業者も多いです。

そこで注意が必要なのが、売掛債権担保融資を利用するにあたって利用先はしっかりと検討すべきという点です。銀行ならほぼ問題はありませんが、ノンバンクを活用する場合には注意が必要でしょう。まず、売掛債権担保融資を扱えるためには免許が必要ですから、貸金業法上の登録をしていない業者は違法です。

そして、違法業者は高い金利を設定したり、取り立てが悪質であったりしますし、反社会勢力の資金源にもなります。したがって、利用の際には正規の業者であるのかを見たうえで利用する必要があります。

売掛債権担保融資は日本では比較的なじみのない物ですが、中小企業を中心に活用するところが増えてきています。そのため、情報は調べるとたくさん出てきます。初めてのうちはよくわからないという人が多いはずですが、調べることで知識を蓄えることができますので、よく調べるようにしましょう。

似ている仕組みにファクタリングもあって、そちらとの相違も知っておく必要があります。似ていてもメリットとデメリットが異なり、注意すべきポイントも変わってくるからです。これについても比較情報を書いているサイトが見つかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *