売掛債権担保融資は資格がなければ扱えない

売掛債権担保融資は、売掛金を担保として銀行やノンバンクからお金を借りることです。

銀行からの借り入れの場合は、この制度のために用意されている保証制度を利用することができます。これは、中小企業が資金調達をしやすくするために整備されています。売掛債権担保融資では、売掛金を担保にするので、取引先の企業がどういったところであるのかといった要素が重要になります。

資金力のある大企業であれば回収ができなくなる可能性は低いため担保としての評価も高く、その分借りられる額も大きくなりやすいです。そして、取引先の信用度が低いと判断されるケースでは、そもそも売掛債権担保融資が受けられないこともあります。売掛債権担保融資と似ているのにファクタリングがあります。

どちらも売掛金を基にして資金調達を行いますが、前者は担保にしてお金を借りるので、扱えるのは金融機関や貸金業者のみです。一方ファクタリングは債権を買ってもらう仕組みなので、金融機関や貸金業者以外も扱うことができます。ただし、一定の取引形態の場合には貸金業にあたるとされることがあり、過去に免許なくして営業していた業者が逮捕されたことがあります。

これは、ファクタリングと言っていたのの、実質的には売掛債権を担保として融資をして利息を受け取っていたという事例です。売掛債権担保融資を扱うのには少なくとも免許が必要となるため、それを持っていない業者とは取引をしないように注意しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *