売掛債権担保融資の保証制度

売掛債権担保融資には保証制度があります。

これは、企業が金融機関から売掛金を担保にお金を借りる場合に、信用保証協会による保証を受けることができる仕組みです。貸す側も国の保証の制度を活用することで、万が一返済がなされなくなっても大部分の代位弁済を受けることができるので貸しやすくなります。これは、売掛債権担保融資を中小企業が活用して資金調達をしやすくするように設けられた制度です。

ファクタリングは売掛債権担保融資と似ていますが、売掛債権を譲渡する仕組みで厳密には異なります。譲渡する場合は対抗力を備えないとならないため、新しく債権者となる側は取引先に対して通知を行います。これがファクタリングがあまり活用されていなかった理由です。取引先に譲渡について知られてしまうということは、経営状態が良くないのではないかと思われてしまい、場合によっては取引停止につながってしまうこともあります。

その点、売掛債権担保融資は通知をしなくても登記で対抗力を備えることができるので、積極的に活用されています。保証制度を活用すると借りやすくなり、金利も無担保ではないのでそれよりは低くなるというメリットがありますが、デメリットも考慮しておいた方が良いでしょう。

まず、融資までに時間がかかることが挙げられます。金融機関の審査もありますが、信用保証協会の審査にも通らなければならないからです。また、審査は厳密に行われるので、思っている額が借りられない可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *