売掛債権担保融資の活用について

売掛債権とは、商品やサービスを提供した会社が顧客から代金の支払いを受ける権利のことです。

これは「営業債権」とも呼ばれ、企業の貸借対照表上の資産のひとつとみなされます。この資産を担保にしたものが「売掛債権担保」です。経済産業省が平成13年に行った中小企業信用保険法の改正により、この担保が資金調達の手段として広く利用されるようになりました。企業は売掛債権担保をもとに、金融機関から融資を受けることができます。これを「売掛債権担保融資」と呼んでいます。

具体的には、金融機関が中小企業に融資を行う際、信用保証協会の保証をもとに貸し出すことで、中小企業側は売掛金回収日を待たずに売掛金を資金化できるようになります。もし中小企業が借入金を返済できない場合は、信用保証協会が金融機関に貸付残高の一定割合を返済し、また金融機関とともに債権者から回収をするという仕組みです。

売掛債権担保融資は、いわゆる中小企業(製造業では資本金3億円以下または従業員数300人以下の会社など)であれば、基本的は業種に関わりなく利用することができます。その際は、融資の希望額、売掛債権の状況などにより中小企業者ごとに借入極度額が設定されます。

またその範囲内であれば、1年間繰り返し融資を受けることも可能です。売掛債権担保融資を利用することのメリットは色々とあります。たとえば、原材料の仕入れ資金調達を行ってコストダウンを図れる、売掛金の早期資金化を行って資金運用手段を効率化できる、保証協会が仲介することで第三債務者の信用度が増すなどです。

ただし、基本的には「信用取引」にあたりますので、支払いが滞るなどで会社の信用を落とすリスクもあることは認識しておかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *