売掛債権担保融資はきちんと合法な業者を活用

売掛債権担保融資では、売掛債権を担保に融資を受ける仕組みです。

法律で上限金利が決められていて、100万円を超える場合のマックスは15パーセントとなります。ノンバンク系は条件マックスまで高い金利を設定していることが多いですが、銀行系はそれよりは低くなっています。

そう見ると銀行系で借りるのがベストの気もしますが、銀行系は審査に時間がかかるのと、審査も厳しくなるので借りられないこともあります。ノンバンクも審査はありますが、利息が高い分審査は比較的緩くなり、審査もとても早いので急いで資金が欲しい場合にはノンバンクを活用するのもありです。売掛債権担保融資を扱っているノンバンクは、きちんと正規の貸金業登録をしているのかを確認しましょう。

個人を対象とした貸金業者と同じように、中には正規の登録を行わずに違法に営業している業者もあるためです。悪徳業者は法定外の金利を徴収したり、違法な取り立てを行うなど利用することで被害を被ることがあります。合法かどうかは許可番号をもらっているか、金利が法定金利内であるかなどを確認して判断しましょう。

売掛債権担保融資もお金を借りることになるため、審査を受けます。また、申し込みにあたっては貸す側と面談をすることになります。なるべく審査に通りたいと考えるなら、印象が良くなるように気を付けるべきです。もちろん一番重視されるのは申込む企業の業績や売掛先の業績ですが、印象が良ければある程度悪くても通る可能性が出てくることは考えられるので、服装や言葉遣いには気を付けたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *