売掛債権担保融資は中小企業に使われている

売掛債権担保融資は、中小企業に用いられている資金調達の方法です。

商品を納入してもビジネスではすぐにお金が支払われるわけではなく、それによって運転資金が枯渇してしまうということは中小企業にはよくあることです。売掛債権担保融資は、将来支払われる売掛債権を担保にしてお金を借りる仕組みです。

担保として売掛債権を提供することで、無担保の場合よりもお金を借りやすくなるメリットがあります。債権譲渡特例法による登記の方法を活用するので、取引先にも債権譲渡の通知等をする必要がなく、取引先に知られずに融資を受けることが可能です。売掛債権担保融資では、信用保証協会による部分保証の制度を活用できます。

貸す側が保証をしてもらえることから、無担保よりも貸しやすくなります。これは中小企業の資金調達が円滑になるように政策的に作られた制度であるため、やはり活用が多いのが中小企業です。売掛債権担保融資の方法としては、売掛が一つの大口の取引のみというのが従来の利用のされ方でしたが、現在ではいくつかの小口の売掛金をまとめて担保にして融資を行うということもなされるようになりました。

詳細はそれぞれの銀行やノンバンクによって取り扱いが異なるため、融資を受けたいという場合は相談してみると良いでしょう。積極的に売掛債権担保融資を行っているところは、ホームページで専用のページを設けていろいろと解説をしているため、そちらからも情報を得ることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *