介護給付金ファクタリングのしくみについて

介護給付金ファクタリングは商取引の世界で話題となっているファクタリングの手法を応用したサービスですが、現在では介護施設の経営を支援する重要なしくみとなりつつあります。

現代社会の企業経営ではキャッシュフローを安定させることが非常に重要です。信用取引が非常に重視され、期日までに代金を入金しない場合にはすぐに取引が停止されたり、また倒産の噂が流されてしまうこともあるため、現実的の事業を進めていくのが困難になってしまう場合が多いのです。その為、介護施設に於いても経営におけるキャッシュフローを円滑にすることが何よりも大切になります。

しかし、介護施設が収入源の多くを依存している介護給付金は申請後40日以上の入金までのタイムラグがあり、その間は現金が手元に入らないため支払いなどの資金繰りに苦慮してしまうことが多いのです。しかし事業を立ち上げたばかりで信用がない施設の」場合にはお金を貸してくれるところは少なく、資金繰りに苦しむことも少なくありません。

介護給付金ファクタリングは、介護給付金を商取引上の売掛債権に見立てファクタリングのしくみを利用して現金を前受することができるサービスです。その為施設は早期に現金を受け取ることができキャッシュフローが改善します。ファクタリングのサービスを提供する事業者は介護給付金を受け取る権利を買い取ることになるので、実際の給付金の支払い日にはその事業者が給付金を受け取るというしくみになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *