介護給付金のファクタリングとはなにか

ファクタリングとは、さまざまな債権を業者が買い取ることで現金化できるサービスのことです。

債権は将来に得られる現金になりますが、債権は現金と異なり簡単に譲渡できるものではありません。しかし債権は期日までは、現金を受取ることができない仕組みとなっています。資金量に十分な余裕がある場合には、問題ありませんが資金が不安であるといった場合や急な出費により現金が必要になったという場合には債権を現金化する必要があります。このさいにとられる選択肢のひとつがファクタリングになります。

ファクタリングでは業者がその権利を買い取ることで、現金化することができます。債権を担保に融資を受けるといった場合には、その債権が換金できなかった場合には弁済する必要がありますが、ファクタリングでは買取という形式であるため弁済する義務が発生しないのが最大のメリットといえます。一方で債権の種類においては、手数料が高く場合によっては3割以上もとられるケースがあります。

このため民間企業の債権に関しては現金化の最終手段ともいえる方法になります。しかし一方で確実に現金化することができる介護給付金などの場合には低い手数料で現金化が可能です。介護給付金は、介護を必要とする人が介護用品などを購入したさいに給付金が支払われるものです。ただし介護給付金を請求した場合には入金までに2ヶ月程度掛かることになります。しかしファクタリングを利用することで最短で半月程度で現金を得ることが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *