売掛債権担保融資を利用するとき注意すべきこと

売掛債権担保融資は、文字通り中小企業などが保有する売掛債権を担保にお金を借りる仕組みです。

よく似た制度にファクタリングがありますが、ファクタリングは売掛債権を譲渡する点で、売掛債権担保融資とは異なります。あくまで債務の保証として売掛債権を提供しますから、売掛の債権者と債務者に変化はありません。したがって、売掛金の受取は担保を提供した当事者が行います。担保提供者が返済できなくなったときに初めて、売掛債権担保融資をした債権者が売掛先債務者に取り立てを行います。

担保提供者にとっては、お金を借りる際に別途現金を準備しなくて良い点はメリットです。しかも本来ならば現金化までにタイムラグがある売掛債権を、いち早く現金化し運転資金などに使える点も同様でしょう。ファクタリングと比較しても、売掛債権が期日どおり返済される信頼性が高ければ、現金化までの前借り的な位置づけで、借りる側の負担が少ないのです。というのもファクタリングの場合は譲渡するために、売掛債権は額面よりも少なく見積もられ、実際に手にできる金額は額面以下の場合がほとんどです。

売掛債権担保融資は、売掛債権を失わずに期日までの金利を負担すれば良いので、返済までの期間が短ければ大きなマイナスはありません。ただデメリットとして、売掛先の信用力調査に時間が掛かったり、債権譲渡登記を要求されたりと多少手続きが煩雑になることがあります。また利用条件が厳格に決められることがあり、誰でも利用できるわけではない点には注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *