売掛債権担保融資でキャッシュフローを改善

会社にとってキャッシュフローは重要です。

急に現金が必要になる場合は多々ありますし、買掛金と売掛金の決済日の差で現金が足りなくなる場合もあります。会社が信用され、大きな取引を行うにはキャッシュフローが重要で、会社の評価の重要項目となります。実際にキャッシュフローが悪いと黒字倒産する会社の例もあります。そこでキャッシュフローを改善する最も良い方法の一つとして、売掛債権担保融資があげられます。

銀行や信用金庫などで行っていますが、この売掛債権担保融資を専門に行っている会社もあります。単に融資の申請よりも、売掛債権を担保にお金をかりるほうが融資を引き出しやすいですし、実際に売掛債権を買い取ってもらう方法もあります。これはファクタリングとも呼ばれており、多くの企業が利用しています。実際にファクタリングを行えば、売掛金の回収ができないなどのリスクも回避できますし、実際より早く現金化ができるので、キャッシュフローの改善には最適です。

これならば、会社の信用情報にも傷がつくことなく現金化できます。売掛債権担保融資は単発での融資に向いていますが、安定して売掛金が発生する企業ならばファクタリングを利用するのが良いでしょう。3社間のファクタリングと2社間のファクタリングの方法があり、取引先にばれずに現金化ができます。もちろん売掛債権担保融資を受けるには審査が必要ですが、実際に持っている債権なので融資が引き出せる確率は高いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *