売掛債権担保融資とは?

ビジネスの現場では、しばしば売掛債権というものが発生します。

売掛債権は商品やサービスを購入した取引先が代金を支払うまでの間、販売した側に発生する権利のことです。現金取引ではない場合、つまり商品やサービスを先に提供して後日支払いを受ける場合には、必ず発生します。売掛債権には月末、あるいは翌月末という具合に、決済期日が設定されます。そのため、入金があるまではすでに売上が発生していながら手元にはその代金に相当するキャッシュがない状態が続きます。

たとえ資金繰りに詰まったとしても、期日が到来しなければ取引先に支払いを強く求めることは困難です。このような場合、すなわち売掛債権の決済期日前にキャッシュが必要になった時に利用すると便利なのが、売掛債権担保融資という金融サービスです。これは、その名の通り売掛債権を担保にして借入れを行い、事業資金などに充てられるというものです。

いわゆるビジネスローンの一種であり、銀行やノンバンクなどが取り扱っています。ビジネスローンには他に不動産担保融資などがありますが、売掛債権担保融資の便利な点は売掛債権という、不動産などと異なりほとんどの事業主体が日常的に保有している権利を担保にできることです。つまり、利用可能な対象が幅広いのです。また、入金さえあればただちに返済できるので、リスクが比較的低いというのも利点の1つです。万が一売掛債権担保融資を返済できなかった場合は、貸し手が売掛債権を回収する権利を代位取得します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *