どう違う、売掛債権担保融資とファクタリング

売掛債権担保融資は、文字通り、売掛債権を担保にして金融機関が融資を行うことです。

売掛債権と言うのは、サービスや商品の販売は終了しているものの、その代金の支払いが終了していない場合に、販売者などがその代金の支払いを請求できる権利のことを意味しています。さて売掛債権を資金調達のために利用すると言う制度は、売掛債権担保融資以外にもあり、そのひとつがファクタリングです。では両者にはどのような違いがあるのかを見ていきます。まず売掛債権担保融資ですが、こちらは融資ですから金融機関による審査を受ける必要が発生します。

また融資は簡単な言葉で言えば、キャッシングやローンと言うことですから、当然、返済しなければいけませんし、金利も発生します。これに対してファクタリングは、売掛債権自体をその業者が買い取り、手数料などが発生した場合はそれを差し引いた分の金額を支払うと言う仕組みです。将来的に支払われる利益を、ファクタリングは先取りできると考えるとわかりやすいかと思われます。

ですからこちらは融資、お金の貸し借りと言う仕組みではないため、返済や金利と言ったものは発生しないのが両者の大きな違いです。加えてファクタリングの場合、基本的には審査は必要ないため、比較的、利用しやすいと言うのも違いとして挙げられます。更に審査が必要ないと言うことは、審査待ちと言う時間が発生しないのもファクタリングの特徴です。よって両者を比較してみると、ファクタリングは売掛債権担保融資よりも申し込みから取引完了までの期間が、とても短期間で済みやすいと言うのも違いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *