資金調達が容易になる売掛債権担保融資

企業にとって、資金調達は重要な位置を占めるもので、信用で成り立つ日本の企業間の取引等では、約束の期日に支払いができない場合には著しく信用を損なって、今後の取引を続けられなくなったりすることもあります。

しかし、特に中小企業等の事業規模の小さい会社の場合は、必要な時に必要な現金が手元にあるとは限りません。銀行での融資を依頼しようにも、担保が用意できなかったり、事業規模の小ささから審査に通らなかったりすることもあります。そんな中小企業の資金調達の方法として売掛債権担保融資があります。

売掛債権とは、その会社がサービスを提供したり商品を販売したりした際の代金で、まだ支払期日まで日数があり振り込みがされていない状態のものです。基本的には、期日までに入金されることがほぼ担保されているので、売掛債権担保融資を行う側にはリスクの少ない方法です。受ける側としても、本来期日に入金される売掛金を、前倒しで手にすることができるようなものなので急遽現金が必要になったときなどに重宝します。

売掛債権担保融資を利用することで、銀行での融資を受けることができなかったり、急にお金が必要になったりした際も資金調達が可能になります。これは中小企業にとっては大変大きなメリットで、今後中小企業の資金調達の方法として一般的になってくるものと思われます。業績は好調でありながら、一時的な資金不足により経営を悪化させてしまうというリスクを避ける効果も期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *