売掛債権担保融資について

会社を運営するためには資金が必要になります。

運転資金を確保するための方法の一つに「売掛債権担保融資」があります。一般的に、取引先に対して行う商品の販売もしくはサービス対して後に支払われる債権を売掛金と読んでいます。つまり売掛金とは代金が支払われるまで回収されない代金のことです。通常取引先もしくは顧客からの支払いは、請求書を発行してから翌月以降になります。そのためその間は「売掛債権」を保有していることになります。

売掛債権担保融資とは取引先に対して未回収の債権(代金)を担保にして入金日まで融資を受ける方法のことです。売掛債権担保融資を使うと売掛金の入金を待たずに資金を入手できるというメリットがあります。特に売掛金が高額の場合資金調達を急ぐ場合が多いのですが、この方法なら簡単に調達も可能です。売掛債権担保融資を担保にするための方法として、クライアントに同意を得るための契約書を交わし通知書を送付することがあります。

また、売掛先に担保の件を知られたくない場合には、売掛債権の譲渡を法務局に登記する方法もあります。これを売掛債権登記と呼んでいますが、この方法を利用することが多いようです。クライアントに担保の件を知られてしまうと、会社の運営が苦しいのではと誤解されることがあるので避けたい場合に使われます。売掛債権担保融資を始める場合には金融機関に相談することが必要です。銀行の担当者あるいは税理士に相談して見るのも一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *