事業資金調達方法にはファクタリングがおすすめ

順調で健全な企業経営には、安定的な資金計画が欠かせません。

しかし中小企業における情勢は楽観視できるものではなく、景気動向により業績の振れ幅も大きくなることから、常に事業資金には余裕を持っておきたいところです。一定の範囲では銀行からの融資を継続して得ることで安定を図ることもできるキャッシュフローですが、審査基準が厳しくなったり経営の先細りなどから信頼度が低く見積もられるなどして審査落ちとなってしまったりと、予期せぬ事態に対処できる観点から別の資金調達方法を意識しておくことが重要です。

現在は日本でも一般化してきている「ファクタリング」が、現実的な方法として最もおすすめできると言えるでしょう。もともとは資本主義の先進地であった米国が発祥の方法で、売掛債権の買い取りによる現金収入を得るというシステムです。ファクタリングの地位という観点では、米国での普及と比較すると日本での推進状況が遅れている面は否めませんでしたが、2000年代以降は経済産業省の通達が正式におりたこともあり、ファクタリング事業者が大きく増えるきっかけともなりました。

そのために、現時点では主に中小企業のベストな資金調達方法として最もおすすめできるものとなっています。手数料や即時性などファクタリングを取り扱う事業者ごとに特徴が異なり、実績や買い取りできる売掛債権の規模なども異なっていることから、ご自身の経営する企業に合わせたおすすめのファクタリング会社を探すことが大切です。専門のウェブサイトを確認し、間違いのない選び方を心がけましょう。
ファクタリングのおすすめのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *