ファクタリングの利用がおすすめ出来るケースとは

国内企業同士の取引の場合、先に商品やサービスを提供した上で後で代金を回収するという信用取引となるケースが多いです。

規模が大きく経営が安定している企業であれば、万が一売掛金の入金が遅れたり貸し倒れといった事態に陥っても切り抜ける事が出来ます。所が規模が小さく経営が不安定な中小企業であれば、1度の失敗でも致命傷となり倒産に追い込まれる危険性があるので厄介です。だからこそ1度の遅れや失敗で経営危機を迎えそうな状況の時は、ファクタリングの利用がおすすめ出来ます。ちなみにファクタリングとは、買取型と保証型の2つに分類する事が可能です。

買取型は売掛債務をファクタリング会社に売却して、手数料を差し引いた金額を受け取る事が出来ます。そのため売掛債務を素早く現金化出来るというのが、特に大きな利点です。なので経営状態が悪化していて資金繰りが苦しい企業の場合は、特にこの買取型を利用する事がおすすめ出来ます。保証型の方ですが、こちらは貸し倒れの危険性がある企業と取引する際に利用するのがおすすめです。

万が一、実際に貸し倒れとなった際に保証会社が損失を補填してくれるといった形式となっています。お陰で買取型とは違って、資金調達目的で利用する事は不可能です。貸し倒れというリスクを回避するための、保険的な役割となっています。もっとも買取型のファクタリングを利用する場合、取引の際の契約書の確認が必要です。契約書に債券譲渡を禁止する事項があると利用出来なかったりするので、出来れば契約前にきちんとチェックしておく事をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *