ファクタリングのおすすめ業者

事業の目的は利益を出すことか、お金を増やすことか、この二つは一見似ていますが同義ではありません。

事業には様々な業種がありますが、商品の販売を例に考えると物を仕入れた値段に利益を上乗せして、買った値段より高く売ることができれば利益になりますが、そのためにはテナントの家賃やスタッフの人件費などの経費が必要です。テナントの家賃や人件費は売り上げが多くても少なくても同じようにかかるし、お金の流れを考えたときはまず売るための商品を仕入れなければ売ることさえできません。そのため、事業を始めた当初はお金が増えるよりも支出が先行します。

また売上を増やして規模を拡大するのにおすすめの方法が、法人取引のために売掛取引を導入したり、個人向けにもカード決済を可能にするのが効果的ですが、そのためには入金と支出のタイムラグがより大きくなって、必要な運転資金が増加します。そこで、売掛債権を効率的に資金化するためにおすすめなのがファクタリングと売掛債権担保融資です。売掛債権とは、将来の決まった時期に入金が決まっている権利ですが、その権利を売却するのがファクタリング、担保にして借り入れをするのが売掛債権担保融資です。

売掛債権担保融資は売掛金が入金すれば自分で返済しなくても負債がなくなるので一見ファクタリングと似ていますが、瑕疵担保責任の有無が決定的な違いです。万一得意先が破綻するなど、入金するべき時期になっても入金がない場合、融資の場合は返済義務が自分にありますが、ファクタリングは売却してしまっているので責任を負う必要がない点がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *