迅速に資金調達できるファクタリングがおすすめです

ファクタリングとは売掛債権を入金前に譲渡して現金化する方法のことです。

素早く資金調達ができるので、個人事業主や中小企業などに人気があります。急に資金が必要となった場合におすすめの方法です。売掛債権は商品やサービスなどを提供した場合に、代金として請求できる権利を指します。一般的に売上債権とも呼ばれています。日本国内におけるビジネスでは信用取引が基本です。契約を締結してから商品の納品やサービスの提供を行います。その後に請求書が発行され、売掛債権が発生して支払い期日に入金されるという流れになります。

先に商品やサービスを提供して後から顧客が代金を支払うのが、日本国内における基本的な取引の構造です。そのため商品やサービスの提供から売掛金の支払いまでに時間差が発生します。月末締めの翌月末払いや月末締めの翌々月払いなどの取り決めが行われるのが一般的です。入金までに時間がかかるため、特に個人事業主や中小企業だと資金繰りに困ることがあります。早期に資金調達をしたい場合に、売掛債権を現金化するファクタリングはおすすめの方法です。

ファクタリングの基本的な流れとしては、まず企業が顧客に商品やサービスを提供し売掛債権が発生します。企業が売掛債権をファクタリング業者に手数料を払って売却すると、支払い期日前に現金を得ることができます。売掛先は支払い期日に業者へ入金します。早い場合には即日での入金も可能です。遅くとも1週間ほどで現金化できるため、急いで資金調達したい場合におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *