名古屋在住の方必見 トイレのつまりについて

名古屋在住の皆さんにここでは、生活する上で無くてはならないトイレについてご説明させて頂きます。

まず初めに具体的な対処方法をお話しする前に、洋式トイレのそれぞれの構造についてお話ししたいと思います。仕組みを知る事でつまりの原因や、その時の対応方法などが分かりやすくなるでしょう。ほとんどのご家庭では現在洋式が多く見受けられます。便器で用を足した後洗浄ハンドルを動かして水を流しますよね流す際に必要な水はタンクに溜めてありそのタンクの中には、フロートゴム玉、ボールタップ、オーバーフロー管が設置されております。

フロートゴム玉とは、タンクの水を流したり止めたりする役割をもっており、洗浄ハンドルと連携しています。ボールタップとは、給止水を行う浮き玉の役割がありまずオーバーフロー管です、便器に水を流すための管で、万が一ボールタップが故障してしまうとタンクが水漏れしてしまう可能性がありそれを阻止する役目があります。このようにタンクの中には部品それぞれの役割があります。そして、壁や床などに取り付けられているのが元栓です。次に、仕組みについてお説明します。仕組みはシンブルかつ、衛生面でも優れておりとても機能的です。

用を足していない時は便器とタンクに水が溜まっています。その理由は単に汚れを付きにくくする為ではないのです。下水道と繋がっている為嫌な臭いが充満してしまいます。そこで便器と排水管の間に水を溜めておく事で臭いが出にくくなっています。続いて、水が流れない時の対処方法です。原因として考えられるのは、水に溶けにくい物を流してしまった。大便を小便で流してしまった。などと他にも原因はたくさん考えられます。名古屋在住の方、トイレのつまりや異変に気付いた際にはトイレのつまりなどを名古屋のトイレ専門の方にご相談してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *