東海市でトイレリフォームをするときの処分費用

東海市でトイレリフォームを行うとき、洋式をそのまま洋式にする場合と、和式から洋式に変える場合では価格が異なってきます。

和式から洋式に変えるとき、部分的に配管替えが上下水道ともに必要になることが多いため、和式から洋式に変えるときのほうが高いです。見積もりで気にするのは、新たに取り付ける設備の価格や施工費だけの人が多いですが、チェックしておきたいのが既存の設備の処分費用です。便座やタンクを新しいものと交換したら、古いものは通常、施工会社が引き取って処分を行い、廃棄物処理の価格が発生します。便器とかタンクは陶器でできていて、大型なため比較的処分費用が高いです。そこを狙って不当に価格を上乗せする会社もあるため、注意が必要です。

解体処分費の内訳が分からず高額な金額が提示されている場合は、東海市でトイレリフォームを行っている他の会社と比較すれば、価格が適正か判断できます。古い設備を個人で処分できますが、手間がかかって大変です。東海市でトイレリフォームを行ってもらった会社にお願いするほうが、とても楽です。個人で処分するときには、そのままで処分場に搬入してしまうと法律に触れる恐れがあります。産業廃棄物は資格を有しているものでないと運搬できないからで、個人が産業廃棄物処理場に持ち込むことは注意が必要です。一般家庭から粗大ごみの持ち込みを受け付けている場所であれば、問題ない場合もありますので、市役所等に確認してみましょう。一般のゴミ処理場では粗大ごみとしても取り扱わないことが多く、有料であっても対応しない場合があります。どうしても処理したいなら、便器やタンクは陶器でできているので、細かく砕いて陶器の割れ物として分割処分する方法があります。地域のゴミ回収日の中で割れた瀬戸物を回収する日を確認し、ルールに即したゴミ出しを行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *