アプリの権限に関する注意点

スマートフォンやタブレットが普及したことで、多くの人が自分の欲しいアプリをインストールするようになりました。

操作を快適にしたりゲームで楽しんだりと様々な種類のアプリがありますが、便利だからとたくさんインストールして情報が漏洩する危険があります。



ウイルスを仕込んでいるものの多くが電話番号やメールアドレスなどの個人情報を盗み出すことができます。

しかし情報を入手する必要があるアプリも存在するので、全てが不正プログラムとは限りません。

アプリを使用するためにその権限が必要かどうかを自分で判断しなければなりません。



電話番号などを知らなくても遊べるゲームなどでは、「連絡先データの読み取り」や「ステータスとIDの読み取り」といった権限があるとインストールを避けるのが良いです。



これらの権限は利用者の電話帳のデータを全て抜き取ることができます。さらに「完全なインターネットアクセス」も直接個人情報の漏洩にはつながりませんが、不正に入手したデータを外部のサーバに送信する時に使うことができます。

自分の知らないうちに情報が流れる危険性があるため、これらの権限がなくても使える場合はむやみにインストールしないようにします。

「完全なインターネットアクセス」は無料のアプリに多い権限ですが、これは利用者の興味に合った広告を出すために端末の情報を読み取るという目的があるので、この権限だけで危険か判断することはできません。